2021年9月15日水曜日

防犯監視カメラ設置

 この度、長年の懸案であった防犯監視カメラを6カ所設置致しました。この中の3カ所の設置につきましては、栃木県と鹿沼市より一部助成を頂きました。改めて厚く御礼申し上げます。

 モニターによる常時監視と録画も可能となり、盗難や破損などの抑止に大きな効力を発揮することが期待されます。


2021年7月28日水曜日

AED(自動体外式除細動器)設置

  この度、柳田メディア株式会社様にお世話になり、新客殿(瑠璃殿)にAED(自動体外式除細動器)を設置致しました。近年、寺院でも設置するところが多くなっております。

 地域の皆様にも設置されていることをご認識頂き、万が一の時のためにご活用頂けましたら幸いに存じます。


2021年6月30日水曜日

境内整備完了

  一昨年より行っていた境内整備はほぼ完了し、新しい客殿(瑠璃殿)には机や椅子などの備品も搬入され、少しずつではありますが檀徒の皆様にご使用頂いております。

 醫王寺は、近隣自治会様と災害時の施設利用に関する協定書を締結しているため、新客殿には停電時に電力を確保できるV2H充放電装置やシャワールームの設置、災害備蓄品などを常備するなど、避難者の受入体制を整えました。微力ではありますが、地域社会に少しでも貢献致したく考えております。





2021年5月27日木曜日

外構工事・車道のり面工事

  新庫裏・瑠璃殿(新客殿)が竣工致しました。今後、檀徒や参拝者の皆様には、瑠璃殿にて応対させて頂きます。現在、二棟の外構工事が行われているところであり、工事完了まで約2ヶ月程度かかる予定です。

 また、車道のり面の一部が崩落しそうな状態であったため、土留めの工事も行うことになりました。土留め工事は、高速道路やダムなどの傾斜保護で用いられるジオファイバー工法で行われます。

 車両の出入りでご迷惑をお掛け致しますが、ご寛恕頂きますようお願い申し上げます。









2021年5月5日水曜日

令和3年施餓鬼会・新住職晋山式

5月3日、恒例の施餓鬼会(先祖供養の行事)と新住職晋山式を執り行いました。晋山式では、真言宗豊山派宗会議員である大平町玉正寺ご住職・林亨尊台下をはじめ近隣寺院のご住職、並びに医王寺護持会・宝城寺護持会の皆様にもご臨席賜りました。

当初、昨年同日の施餓鬼会の後に晋山式を執り行う予定で準備を進めていましたが、想定外の疫禍によって、延期を余儀なくされました。疫禍は未だ終息の兆しが見えず、晋山式のさらなる延期も頭をよぎりましたが、一定の区切りをつけるために参加人数を限定して執り行いました。

過疎化が少しずつ進む中、寺院運営をどのように舵取りするか、それに付随する文化財護持をどのように継続させていくかなど、医王寺には様々な問題が山積しておりますが、護持会並びに檀信徒の皆様にご高配賜りながら、地域と一体となって寺門興隆のために精進していく所存であります。

浅学非才な身でありますが、今後とも、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。 







2021年3月31日水曜日

春到来・・・

  境内にあるソメイヨシノが満開となり、しだれ桜も七分咲きとなりました。1年の経過がとてもはやく感じられます。

 大師堂と唐門も差し茅修理が完了致しました。ぜひ足をお運び頂けましたら幸いです。



2021年2月5日金曜日

コロナ禍の節分会

 1月31日(日)、令和3年度の節分会が例年と同じく講堂にて厳修されました。本年は、新型コロナ感染拡大の影響により、午前11時より厄除け護摩祈願法要のみを参加者限定で執り行い、福まきは中止と致しました。

 厄除け護摩祈願法要は、僧侶5名、参加者15名に人数を絞りましたが、心を込めて厄除け申込者各位の除災招福や家内安全などの諸祈願、さらにはコロナが少しでも早く終息するよう疫病退散も祈願させて頂きました。 祈願申込者の皆様には、午後に御札やお供物を受け取りにおいで頂きました。

 来年は、平常どおり福まきをともなう節分会が開催できることを祈念しております。







2021年1月29日金曜日

節分会の福まきは中止致します

  恒例の節分会につきましては、1月31日(日)開催を予定しておりますが、緊急事態宣言が発令されている状況を考慮し、①節分厄除け祈願法要のみを人数縮小のうえで執り行います。②福まきは中止となりますので、何卒ご了承ください。

皆様の1年の安寧を祈念申し上げます。